宮古上布


宮古上布
「宮古上布」は、400年という長い伝統を誇る宮古島特有の染織物です。それが世に出たのは、400年前に宮古島の洲鎌与人・真栄という男が琉球王朝の船を助けた功績をたたえられて役職を任命され、そのことを喜んだ妻・稲石が琉球王に錆布を献上した時だと言われています。

精巧な上布を美しく仕上げるためには、原料の選定から始まり、クモの糸ほどの細さの糸を紡ぐ高度な技術や、藍屋染色技術、絣締めなど、一連の熟達した手が必要とされます。それらの技術が結合されて生みだされる宮古上布は、上品な色合いに美しい模様が浮かび上がっており、肌触りも優しいのが特徴。ポーチや名刺入れ、ブックカバーなど様々な製品になっているので、お土産にすると喜ばれることでしょう。

宮古上布の専門店

名称 電話 住所
宮古上布 西原織物 0980-72-6847 宮古島市平良字西原283-2
かんかん堂 0980-73-6206 宮古島市平良字西里306
トップに戻る 土産一覧ページに行く>

宮古島動画

宮古島動画

宮古島ライブカメラ

宮古島の天気予報

困ったときの宮古電話帳

アイコン宮古空港
0980-72-1212(代)

アイコンJAL・JTA・RAC
0570-025-017

アイコンANA
0570-029-222

アイコンSKY
050-3116-7370

相互リンク募集中

当サイトはリンクフリーです。相互リンク希望者はこちらからお願いします。

宮古の空港ターミナル案内

宮古島周辺離島一覧

池間島池間島
宮古島市内から車で40分


来間島来間島
宮古島市内から車で36分


伊良部島伊良部島
宮古島の平良港からフェリーで10~15分


大神島大神島
島尻漁港からフェリーで15分


Copyright© 宮古島観光マップサイト All Rights Reserved.